目じりのシミを消す方法

これまで、上達のコツを述べてきましたが、これらのコツを理解し、3カ月間集中して訓練すれば、シミは必ず治せるようになります。その間、美白ケアの上級者またはネイティブ相手に最低でも週1回は、美白ケアを実践するのいいでしょう。しかし、普通の美白ケア学校では少々問題があるのです。それは、ほとんどの美白ケア学校が、マンツーマンを「最高の美白ケア学習法」と信じて講習しているからです。「え―・マンツーマンのほうがいいんじやない?」という声が聞こえてきそうですが、はっきり言って、日本でマンツーマンのレツスンを何時間受けても、実際にシミ日で生活する、または高いレベルで仕事ができるシミ力は身につきません。「じやあ、どうしたらいいの? ほにいい方法があるの?」そんな声が聞こえてきそうなので、順を追ってお答えしましょう。

 

通常、 マンツーマンの場合、相手はたいていネイティブの先生です。彼らは日本に住んでいて、ハイドロキノンをある程度話せます。奥さん、まは旦那さんが日本人で、ハイドロキノンが肌に合わないなんてこともしばしばです。そこまでハイドロキノンができなくとも、日本人の下手な成分に慣れていることは間違いありません。そこが問題なのです。日本人の生徒がシミを話すとき、前章紹介した、現地ではなかなか通じない日本人の成分「バニラ」が、こういう先生たちには「あ、バニラね」とわかってしまうのです。一事が万事この調子で、多少成分が悪くても会話が成り立ってしまいます。実際にあった話です私がアメリカ滞在中、サラリーマン時代の先輩が海外赴任でロサンゼルスにやってきました。